ご冗談でしょう、チャッキーさん

チャッキーさんの旅と読書とWordPress学び備忘録

「神王TV」13の秘密その5 人を惹きつける文章力を身につける

約 4 分

神王リョウが20代で30億円手に入れる事ができた秘密5のまとめです。

秘密5 人をひきつける文章力を身に着ける

前回紹介した ブランディング戦略で紹介した写真の使い方はもちろん重要ですが、それは、あくまでも取っ掛かりの1つ。いわば興味を惹くための手段(つかみ)です。

プロフィール写真だけでは商品を購入してもらうことは出来ません。訪問者はそこから文章を読んで商品の購入に至る流れになるので、人を惹きつける文章が必要なのです。

今後さらに必要になる文章力

現在の情報源はほぼネットです。つまりブログやサイトでの情報発信が影響力を持っています。

しかし、今後はYOUTUBEによる情報発信が増えてきます。Googleは今後、文字情報よりも映像情報の評価を上げていくと言われています。

「だったら、もう文章力は必要ない」と思われるかもしれませんが、動画を作るためには台本(文章)が必要になまります。やっぱり、これからの時代も文章力が必須なのです。

文章力とは何か?

では、文章力と何なのか?

文章力とは・・・コピーライティングのこと。国語の文章力ではない。

コピーライティングに必要なものは?

コピーライティングで必要なものとは?神王さんは次のように定義しています。

  • おもしろい
  • 興味が湧く
  • 分かりやすい
  • 端的(短い)
  • インパクトがある
  • 感情を呼び起こす
  • 琴線に触れる

これら7つすべての要素を満たしているもの。さらに!

最初の2行がキャッチで魅力的な文章

商品が良いから売れるわけではない

あなたの商品が売れないのは商品が悪いからではない。

本来100点の商品でも、文章が下手で商品の魅力が30点しか伝わらなければ、お客さんにとっては30点の商品になってしまう。

 例えば

特に現在はネットでの購入が多く、手にとって判断するわけではありません。つまり、ネットビジネスでは、より文章力が問われるのです。

60点の商品でも50点分の良さを伝えることが出来れば、お客さんは本来100点の商品でも30点の魅力しか感じないものよりも魅力を感じて購入してしまいます。

コピーライティングは誤魔化したり大げさに表現することではなく、商品が本来持っている価値をそのまま伝える技術のこと。

 ポイント

コピーライティングのコツ

アナタが伝えたいことを書いても伝わらない。相手が聞きたいことを書けば読んでもらえる。

(売れない例) うちの商品、こんなに安くてオススメですよ。

↑↑お客さんは売り込まれるのが大嫌い!さらに付け加えると、世の中にはこのような広告が溢れているから目立たない。お客さんが聞きたいことは何かを考えて、そこから文章を作っていけば違う広告文になります。

このPCのCPUは・・・Memoryは・・・などと書いてある場合。上級者の人は聞きたいかもしれないけど初心者は理解すら出来ない。

 例1 パソコン初心者に対して

パソコン初心者セット、これを使えばこんな事が出来ますよ。難しい専門用語を使わずに書いてある。ネット接続がうまく出来ない場合は電話サポートもしますよ。

 例2 パソコン初心者に対して

初心者なら必ず後者の方を選ぶ。

ほとんどの読んでもらえない文章は自分の言いたいことを言っているからです。お客さんがどういうことを聞きたいか?という視点を持たないと無意味。 ビジネスには全く違う文章力が必要になります。

まとめ

  • ビジネス等をする上で誰もがコピーライティング力を持たなくてはならない。
  • 文章力がないとあなたは誰にも選ばれない!
  • あなたは自分が書きたいことを語っていませんか?相手が聞きたいことを書かないと読んでもらえない。
チャッキー
本日も最後までお付き合い頂きましてありがとうございました

ブログランキングに参加してます。

にほんブログ村 ブログブログへ

クリックすると現在の順位が表示されます。

About The Author

チャッキーさん
ご訪問ありがとうございます。管理人のチャッキーと申します。
日本語を学ぶ為にブログを始めました。内容は主に旅と読書とWordPressという全く自分の知らない世界についてです。現在、南米をぷらぷら散歩中。時々、出稼ぎのため広島県にいます。

Leave A Reply

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

オススメ記事