ご冗談でしょう、チャッキーさん

チャッキーさんの旅と読書とWordPress学び備忘録

digipressのカスタマイズ用に子テーマを作成する方法

約 5 分

WordPress既存テーマをカスタマイズするなら子テーマを使うべきと思います。これは、WordPress codexにある子テーマの項目でも推奨されています。

ちなみに子テーマとは、既存のWordPressテーマのカスタマイズ用のテーマだと考えて下さい。通常のテーマが「親テーマ」でその機能とスタイルを継承したものが「子テーマ」になります。

もちろん子テーマなど作らずに親テーマに直接カスタマイズを記述しても問題ありませんが、Digipressのテーマは制作陣が日夜、機能の追加や修正を行ってくれているため度々アップデートされています。

ユーザーとして嬉しい限りですが、反面、親テーマはアップデートが行われると、親テーマに施されたカスタマイズはすべてのファイルが上書きされ、カスタマイズはなかったことになってしまいます。

つまり親テーマに直接カスタマイズをしているとアップデートのたびにカスタマイズをし直さなければなりません。

これを解決してくれるのが「子テーマ」です。

子テーマにカスタマイズをした場合、子テーマ側で行われたカスタマイズは、テーマがアップデートされた後も、確実に保持されます。今回はそんな子テーマの作り方について記述したいと思います。

子テーマを作る主な手順

子テーマを作るには、以下のようなちょっとした手順が必要です。

  • 子テーマのフォルダを作る
  • 子テーマに必要なファイルを作る
  • 親テーマを継承するためのコードを書く

やることといったらこの3つです。今回は僕が使用しているDigipress「Fancie Note」の子テーマの作り方を例にして説明したいと思います。

子テーマのフォルダを作る

まずは、子テーマ用のフォルダを作ります。名前は何でも構いません。(半角英数字+α)
「dp-fancie-note-business」の子テーマなので「dp-fancie-note-business-child」とでもしてフォルダを作成すればOKです。

※自分がわかれば名前は何でもOKです。

子テーマに必要なファイルを作る

次に、作成したフォルダの中に以下の2つの空ファイルを作成します。

  • style.css
  • functions.php

ただし文字コードをUTF-8 BOMなし(UTF-8N)でファイル保存してください。なぜボムなしなのかは説明が面倒くさいので↓↓を御覧ください。

親テーマを継承するためのコードを書く

最後に、「style.css」に子テーマ用のコードを記入します。

style.cssの編集

style.cssには、子テーマ情報を以下のように記入します。

  • Theme Name:子テーマを識別するための名前を書く
  • Template:親テーマのフォルダ名を書く

他のテーマで利用するには、名前を変更し、「dp-Fancie-note」部分を他のテーマの親テーマフォルダ名にしてください。

functions.phpの編集

functions.phpでは、親テーマのstyle.cssがちゃんと、子テーマを適用した際にも呼び出されるようにするコードを記入します。

functions.phpを開いて以下のコードをコピペします。

これを書くことにより、親テーマのスタイルが子テーマに引き継がれます。

子テーマの有効化

Digipress子テーマ-01

最後にWordpress管理画面から「外観→テーマ」を選択して、作成した子テーマを有効化します。これで、子テーマの設定は完了です。

まとめ

この子テーマを適用した状態は、親テーマをそのまま表示した状態と変わりがありません。

しかし、子テーマのstyle.cssにスタイルを書き足していったり、テンプレートを追加してカスタマイズしていくことによって、デザインなどを自由に変更することができるようになります。

まぁDigipressの場合はオリジナルスタイルシートがあるのでCSSだけであればオリジナル機能を使ったほうが簡単ですが、Function.phpなんかをイジるのであれば必須です。

ということで本日はココまで

チャッキー
本日も最後までお付き合い頂きましてありがとうございました

ブログランキングに参加してます。

にほんブログ村 ブログブログへ

クリックすると現在の順位が表示されます。

About The Author

チャッキーさん
ご訪問ありがとうございます。管理人のチャッキーと申します。
日本語を学ぶ為にブログを始めました。内容は主に旅と読書とWordPressという全く自分の知らない世界についてです。現在、南米をぷらぷら散歩中。時々、出稼ぎのため広島県にいます。

オススメ記事